ワイヤーブラのメリット・デメリット

21/11/21 21:57
Written byC.K


ワイヤーブラのメリット・デメリット

 近年、ノンワイヤーブラが主流になってきつつありますよね。最近のノンワイヤーブラはワイヤーブラに匹敵するほどしっかりとしたつくりのものも多いため、愛用されている方も多いのではないでしょうか。
 一方で、ワイヤーブラは、ワイヤーがあたりやすい、カタチが崩れやすいといったマイナス面もあり、嫌煙される方もいらっしゃると思います。
 しかし、お胸のサイズやカタチに合ったワイヤーブラを見つけることができれば、ワイヤーブラでも快適に過ごすことができるのです。
 今回は、現役下着屋店員が、今一度ワイヤーブラのメリット・デメリットをお伝えします。

👎ワイヤーブラのデメリット


1 ワイヤーが当たって痛い!!

 バストのカタチや骨格、サイズが合ってない場合、ワイヤーが当たって痛くなってしまうことが多々あります。バストの中心部(谷間の部分)は、骨にあたりやすいということもあり、気にされる方が多いです。
 前中心が低いブラジャーを選ぶと改善できることもあるので、一度試してみてください。

2 ブラジャーのカタチが崩れやすい。

 ブラジャーを洗濯機で洗っていると、どうしてもワイヤーが変形しやすくなってしまいますよね。ブラジャーは手洗いが推奨されているとはいえ、毎日手で洗うのは面倒なもの。
 100円ショップなどで売られている、ブラジャー用のネットで洗濯すると、カタチ崩れを防止できます。

3 リラックスできない

 ワイヤーブラはしっかりしているので、お家でゆったりするときには向いていません。
 コロナの影響でお家時間が長い場合は、やはりノンワイヤーを使用するほうが良いです。
 また、就寝時にワイヤーブラを着けると、血流を圧迫してしまう恐れがあるため、ナイト用のブラジャーを着用するようにしてください。

👍ワイヤーブラのメリット


1 バストのカタチがきれいになる

 やはりなんといっても、ワイヤーブラは補正力があります。中には、脇高で、サイドにボーンと呼ばれるワイヤーが入っているものもあり、サイドをすっきり見せてくれるブラジャーもあります。
 お洋服をきれいに着こなしたいときにはやはり、ワイヤーブラが一番です。

2 Eカップ以上の方にはワイヤーブラがおすすめ

 上記で示した通り、ワイヤーブラは補正がしっかりとしています。バストが大きい方は、動いたときにお胸が揺れやすくなってしまうため、やはりしっかりとしたワイヤーブラをつけることが大切です。

3 種類が豊富

 近年、品数が増えてきたとはいえ、やはり主流はワイヤーブラ。リーズナブルでかわいいデザインのブラジャーも、ワイヤーブラが多いです。
 また、様々な機能を備え付けたブラジャーが多いのもワイヤーブラの魅力の一つ。バストを大きく見せたいときや、逆に小胸に見せたいときなど、機能性に優れています。

最近ノンワイヤーだったけど、ワイヤーブラにも挑戦したい!そんなときは?

 補正力も抜群で、種類も豊富なワイヤーブラ。一度は断念したけど、もう一度挑戦してみたいと思った方は、自分に合ったワイヤーブラを見つけることが大切です。
 次のことに気を付けてみてください。

★必ず試着をする

 →同じお店でも、ブラジャーのカタチによってサイズや着用感は異なるもの。気になったブラジャーがあれば、必ず試着をしてみてください。

★店員さんにフィッティングをお願いする

 →自己判断せず、試着をしたら店員さんにみてもらいましょう。店員さんは下着のプロフェッショナルなので、ちょっとしたサイズの違いや、お悩みにも気づいてくれます。
店員さんはよい意味で、お客様の下着姿を見慣れているので、恥ずかしがる必要は全くないですよ。

 いかがでしたでしょうか。
ワイヤーブラにも様々な魅力が詰まっています。一度ワイヤーを断念した方も、サイズやカタチが合うものが見つかれば、ワイヤーブラを楽しむことができるはずです。
今一度、下着屋さんでチェックしてもらってみてくださいね。


#現役下着販売員 #メリット #デメリット




C.Kさんのブログをもっと見る

View:384

  
Share me!

このエントリーをはてなブックマークに追加              

関連記事





Comment
Name
Do not required items.
Text
Do not use HTML Tags.