ブラジャーの正しい着用のポイント

Jun/30/2021 08:21:58

ブラジャーを正しく、綺麗に着けるポイントをご紹介します。


多くの下着メーカーがフィッティング動画を出していますね。
微妙にニュアンスが違ったり動作が違いますが、共通する部分も多くあります。
骨格や体型特徴を除いた基本の着け方をまとめました。
セルフでも出来ることなので是非、意識的に取り入れてみてください。

ブラジャーを正しい位置に着けるとしっかりアンダーベルトで支えられ肩への負担も軽減できます。


正しいサイズを選ぶ

大前提として、サイズは定期的に採寸して把握しておくことが大切です。
女性の体質、体型はライフステージで大きく変化します。
一年に一度でも良いのでお店で採寸してサイズ確認をしてみて下さいね。

1.ブラジャーを着ける

まずはいつも通りブラジャーをつけて下さい。少し前傾姿勢になり、バストを包み込むようにカップに納めてアンダーベルトのホックをとめて下さい。



2.カップの枠(ワイヤー)部分とバストを合わせる

ワイヤーブラの場合はバストの幅と、ワイヤーの幅を綺麗に合わせることが大切です。
両手でワイヤーの端(脇部分と中心部分)を持ち、身体に沿わせながら上へ上げていきます。



ワイヤー幅が狭すぎると…
→バストにワイヤーが乗ってしまい、浮いてしまう。
→ボリュームに押されてブラジャーが下がってしまう。
結果、正しい位置まで上がりきらず、バストアップ出来ない。

ワイヤー幅が広すぎると…
→脇にワイヤーが当たる
→カップの中に寄せても、動いているうちに流れてしまう。
その為カップ上辺がカパカパしてしまう等の症状が出るのでその場合はサイズを見直して下さいね。

3.バストを持ち上げるようにカップに納める

ワイヤーの枠をバストと綺麗に合わせたら、しっかり枠内にバストを入れ込んでください。
脇の辺りから手を入れます。
横ではなく、上へ持ち上げるように入れるのがコツです。
少し前屈みになり、寄せ上げたいバストと反対の手でバストを下からしっかり寄せ上げます。
バストに沿わせるように、もう片方の手でワイヤーを合わせて起き上がります。
前に屈むことでバストの位置を把握しやすくなりますよ。



4.アンダーは床と平行に着ける

横からみた時にブラジャーのアンダー部分が床と平行になるように確認します。
後ろの方が吊っている状態だと肩に負担がかかりバスト位置も安定しません。
面倒だとは思いますが、鏡で確認してみてくださいね。



5.肩紐は適度に調整する

肩紐はキツくない程度に締めておきましょう。
これは着用感の好みが出ますよね。
肩に負担がかからず、緩くてすぐに落ちてこないくらいで調整してみてください。
調整のタイミングは3,のバストを寄せ上げた後がオススメです。
しっかりバストを正しい位置に合わせた後なので仕上がりが綺麗になります。



6.動いて着用感を確認

最後にブラジャーがズレたり、バストに不快感がないか実際に動いて確認してください。
身体を捻ったり腕を上下に動かす動作で違和感がなければ問題なく着用できています。



いかがでしたか?
あくまで一例ではありますが、ご参考になれ嬉しいです。


#ブラジャーの着け方 #現役下着販売員

Posted by RUNA

RUNAさんのブログをもっと見る

View:215

  
Share me!
このエントリーをはてなブックマークに追加                


Comment
Name
Do not required items.
Text
Do not use HTML Tags.