スウェーデンの下着事情 日本との違い

Jul/13/2021 21:50:21




スウェーデンの下着事情 日本の下着との違いは?


ブラジャー

日本で見られるのと同じように、黒やベージュの単色かつレース等の装飾のないシンプルなものから、レースがカップ全体または縁部分に施され、センター部分にリボンやチャームが付いている華やかなものなど、様々なデザインのブラジャーが販売されています。

ただし、スウェーデンでは、カラーが単色でシンプルなものが好まれる傾向にあります。

例えば、日本では、ベージュがかかった白に淡いピンク色や紫色の模様が施されているものや、パステルな色を土台に花柄がプリントされているような「清楚」で「可愛い」モチーフのブラジャーが、定番で人気のデザインに挙げられます。

対して、スウェーデンでは、黒、ベージュ、真っ白なカラーの品揃えが多いです。単色かつ、装飾のないもの、レースが施されたもの、またはレースがカップ全体に施され透けているものがよく見られます。

補足すると、日本で見られるような淡い色で花柄のものや多色のブラジャーは、あまり見かけられません。なので、スウェーデンのブラジャーのデザインは、「シンプル」または「セクシー」が定番のモチーフだと言えるでしょう。

ショーツ

ショーツに関しても、日本でも見られように、単色かつ装飾のないものや、リボンやチャームがセンター部分に付いているものまで様々なものが販売されています。

日本と同様に、ブラジャーとショーツのセットアップが販売されており、ショーツに関しても、清楚で可愛い花柄のデザイン等はあまり見かけられません。

代わりに、単色で、素材は薄い生地が使用されていたり、レースの装飾部分が大きく肌が透けるタイプのショーツが多くあります。

スウェーデン人の下着事情



スウェーデンの下着売り場


街中を歩いていて気づいてしまった、スウェーデン人の下着事情。それは… すれ違う女性の中で数人または十数人に一人が、ブラジャーをつけていないことです。なぜ分かってしまったのかというと、単に、乳首の膨らみが服の上からはっきりと確認でき、乳首の色が透けてしまっているからです。

スウェーデンは、体型を見せることに対して抵抗が少ない人が多く、胸が見えるトップスを着ているような人も多いということを、はじめにお伝えしましたが、そのオープンさがブラジャーをつけないことにも表れているのではないかと思います。

そして、この1ヶ月ほどで、街中でトップスを着用せず、ブラジャーが丸見えになっているような女性も数人見かけました。

夏のスウェーデンでは、男性が上半身裸で街を歩いているような人も見かけます。女性も上半身裸とはいかないので、きっと暑さに我慢できずにトップスを脱いでしまった、というところではないでしょうか。


#海外の下着事情 #スウェーデンの下着事情


Posted by kanelbulle

kanelbulleさんのブログをもっと見る

View:211

  
Share me!
このエントリーをはてなブックマークに追加                


Comment
Name
Do not required items.
Text
Do not use HTML Tags.