カルバンクライン 女性用ボクサーパンツ

Apr/16/2021 16:47:27

女性用ボクサーパンツ by カルバンクライン



かれこれ10数年前、結婚・出産し、子供がしっかり歩くようになった1歳半に公園デビューした時の事、私は衝撃的なものを見てしまったのです。
季節は7月です、砂場で子供を遊ばせるのにどこに陣取ろうか大きな砂場をぐるっと歩いていますと、なんとしゃがみこんでいるママさん達の後ろ姿、皆が皆パンツからショーツをはみ出させているではありませんか。

それもザ主婦って感じのベージュショーツにハイウエストタイプのガードル、年季の入ったコットンショーツなど、見てはいけないものを見てしまった気にさせられるようなショーツがズラリ。

当時はまだローライズのパンツ(ズボン)が主流でしたので、このようなはみパン無法地帯が生まれてしまったのです。


私は思いました、子供と公園で遊ぶ為にはまずはみ出しても良い「見せパン」を履いてこなければならないと。

見せパンといってもストリングやウエストバック部分がレースアップになっていたりリボンやチャームがついているデザインはダメ。
なんとなくふしだらママの印象がついてしまう。


無難でオシャレな見せパンは…と考えついたのがカルバンクラインのボクサーパンツ


もちろんウエストゴムに「Calvin Klein」とロゴの入ったタイプです。

ちなみに、しゃがみ込んだ時パンツからショーツのラインが透けているママも居たので、より透けにくく仮に透けてもいやらしさ半減する事からショーツではなくボクサーパンツです。

これなら子供と遊ぶ為に機能性で選んだ風ですし、どこにでも売っているので頑張ってる感は出ず、且つオシャレ。

今やドンキホーテでも購入できますが最初はデパートで店員さんに話を聞きながら吟味して選びました。

サイズはやや大きめの作りらしいので、普段S−Mを履いている私はSを購入しました。
素材はほとんどの商品はコットン100%のようでした。
透け防止ならばとTバックタイプも勧められましたが私は食い込みが落ち着かないのでやはりボクサータイプで。

そして選び抜かれた、ウエストゴム部分が太過ぎないオーソドックスな2.5cm幅の、バックまで一周ロゴが入っているボクサーパンツ。

色はブラック単色。

帰宅し試着をした感想は、おしりはピッタリフィットするけれど太もも部は若干ゆるくウエストゴムは若干きつい。

これは私の体型のせいなのか?

ウエストがキュッとしまってお尻がデカい海外の女性向けに設計されているからなのか分かりませんが、フィット感はそこそこでした。
ですので後日2枚目はMを購入したところ、やはりかウエストゴムはピッタリ、お尻と太もも部はゆるいフィット感という結果に。

しかしながら見せパン目的で購入した身としてはこれでも満足です。
この2枚をローテで毎日公園で遊びました。
動きやすく、ウエストゴムのつなぎ目の違和感はなく良い感じ。
ジャングルジムに登ったりボールを全速力で追いかけても破れない頑丈さ。

ですがローテしていますと、10回目のお洗濯あたりで使用感が目立つように。
黒のコットンですので仕方がないのですが、国産の生地はこんなに早く使用感が出ないよねと思ってみたり。
仕方なく洗濯機ではなく手洗い+陰干しに変更。

この教訓に3枚目はホワイトを購入。
ホワイトは洗濯機10回以降も生地の使用感はさほど目立ちません。

そうして3枚のCalvin Kleinを夏場はヘビロテし、冬は親子体操やキックボクシング体験やヨガなど見えちゃう可能性のある日は着用しで、半年立った頃に寿命が訪れました。
ゴムは全くヨレないしほつれないのですが、太ももの裾周りがビロンと伸び広がりスキニーパンツを着用する際に中で丸まってしまう現象が起き始めました。
ブラックは色もだいぶ変わりケバケバ感ハンパない感じに。

交換のタイミングで他のメーカーのボクサーを試そうかとも思いましたが硬派な私はその後もCalvin Kleinのボクサーパンツを購入、気付けば10年も愛用してしまいました。


いや、本当は何度か浮気しています。
浮気相手は、Lee、EDWIN、DIESELです。実はEDWINとのフィット感は最高でした。
ですが、どうしてもEDWINは学生ぽいイメージが拭いきれず私の歳ににつかわしくないと、結局知名度とオシャレ度と手頃感に無難さを兼ね揃えたCalvin Kleinに戻ってしまったのです。

10年もお付き合いすると私も30代後半になります。かつてはEDWINの事をお子ちゃまだとフッたくせに、今度は私の方が「30代後半がまだCalvin Kleinを履いていても良いのか?Calvin Kleinの外国人モデルさんは皆若いしターゲット層は実は20代までなのでは」と心配になってきました。

が、なんと、ちょうど良いタイミングでその時、30代の田中みな実さん(ちなみ153cmと私と身長が同じ)がCalvin Kleinの下着のモデルに起用されたのです。
これは!雑誌でよく見るスレンダーな若い外国人モデルでなくて、低身長30代日本人でも堂々と着用して良いということです。

田中みな実さんの方が断然若いしスタイルも良いという事は置いておいて、私にとってかなりの安心材料となりました。

そんなこんなその後も愛用し続け、今となれば加齢で?お尻が大きくなった事もありMがジャストフィットようにもなりました。

いつか三浦理恵子さんあたりにもモデルになって貰ってCalvin Kleinはおばあちゃんの歳でもいける下着として定着して欲しいです。

#女性用ボクサーパンツ #40代のショーツ #カルバンクライン

Posted by tanimama

tanimamaさんのブログをもっと見る

         


Comment
Name
Do not required items.
Text
Do not use HTML Tags.