妊娠中のブラジャー選び

 妊娠すると女性ホルモンの分泌量が増加します。そのためにバストが大きくなるのです。
 大きさの変化には個人差がとてもありますが、2カップ分変化することが多いようです。その都度新しいものを、とするのは今後の利用を考えてもとても非経済的ですよね。
 大きくなると同時に乳頭の幅間隔が広くなり、妊娠後期には張って痛みを感じることもあります。
 サイズに対応したブラであること。病院での診察で着脱のしやすいものがいいですね。肩の部分に取り外しホックがついていて、ブラをはずすことなく胸だけを出すことが出来るものだと、産後の授乳にも大いに役立ちます。ただし、産前にしようするのは締め付け感がないものにしましょう。
 授乳時期になったらこちらはナイティとして利用することをお勧めします。
 妊婦用のブラは急激な大きさの変化に対応しているつくりになっていますので、こちらを使いましょう。


妊娠期の選ぶポイント

  • バストを押さえつけないやわらかいワイヤーのもの。
  • 胃を圧迫されるとつわりの時期がきついので、前面が窮屈でないこと。
  • 急激な大きさに対応しているカップに伸縮性のあるもの。
  • 段階の切り替え調節が出来て、アンダーが苦しくないもの。

 産後にはリフトアップ機能と前面取り外しが可能な機能がついたものを使うといいと思います。この時期が一番垂下がりの分岐点となってしまいますので、育児で大変だとは思いますが、機能性の持ったブラで自然に予防が出来るようにしていきたいものです。